実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

映画「歳三の刀」予告編

★ユーラシア国際映画祭の名誉顧問にNPO法人日中映画祭実行委員会理事長・耿忠氏就任!!

 一般社団法人ユーラシア国際映画祭代表・増山麗奈が、ユーラシア映画祭を本格的にスタートしようと決めたのは、2017年の北京映画祭での日本映画週間を現地で雑誌記者として取材をしたのがきっかけです。北京の日本大使館や映画館で華やかな芸能人やスポンサー企業様を集め、耿忠さんが、人のこころと心をつなぐ 素晴らしいお仕事をされている姿を見て、いつかその存在に近づきたい、と心に決めました。
 日本の耿忠さんになりたい、と日本の映画をロシアに伝える日本シネマデイズを開催してきました。笹川保健財団さんとハンセン病映画祭を開催したり、ジョージア映画祭を開催したり、必死にいつか憧れの耿忠さんと、また出会いたいと思い、ユーラシア映画祭を作ってきました。今回本当に就任いただき。感謝感激胸がいっぱいです!ユーラシア大陸に人のこころと心をつなぐ虹の橋を共にかけていきましょう!
 なお、今回の耿忠さんの名誉顧問就任に際しては、日大映画学部の先輩であり、一般社団法人ユーラシア国際映画祭の理事で、映画プロデューサーの芥川保志さんのご紹介で実現しました。耿忠さんは、私の憧れの人です。ワーキングウーマンとしても、文化人、文化交流実績としても、本当に大きな存在です。尊敬しています。嬉しくて嬉しくて感謝で胸がいっぱいです。芥川プロデューサー様ありがとうございます。

★増山麗奈がHuman storyの記事になりました!
一般社団法人ユーラシア国際映画祭 代表理事/映画監督/画家/経営者
増山麗奈
Rena Masuyama
侍の道は世界に通ず 愛している人としか 仕事しない 心の剣を磨け

◎略歴
東京芸術大学中退。
在学中より芸術家としてのキャリアを開始。個展・グループ展を開催した国は、フランス、オーストリア、ロシア、インドなど35カ国。
2017年、一般社団法人ユーラシア国際映画祭を設立。代表理事に就任。日本ベーシックインカム学会理事。
著書に「いかす!アート」(白澤社)、「猫のように生きる」(クラブハウス社)、「げんばくとげんぱつ」(こどもの未来社・図書館選定図書)、「幼なじみのバッキー」(月曜社・岡本太郎現代芸術賞入選)など多数。
現在、日露合同映画「歳三の刀」を監督・プロデューサーとして製作中。

◎現在の仕事についた経緯
高校2年生の冬、ネパールでヒマラヤ山脈に登り、オーロラのように美しい虹色の夕陽を見て「芸術家になる」と天明に気がつきました。進路を東京芸大に変更。在学中から芸術家のキャリアをスタート。
月に一回のペースで個展を開催し、絵を売って生計を建てていました。表現は徐々に本や映像、雑誌制作・国際美術展の企画などに広がっていきました。その間に二人の娘を産み、育ててきました。
2004年には、戦火のイラクで文化交流。
貴重なメソポタミア文明の文化財が戦争で燃やされるのを見て、人類が辿ってきた文化の歴史を再び繋ぐことを一生の仕事にしようと決意しました。その中で燃やされた本の表紙をブックアートにして、アメリカで個展をしてその利益によってバクダッド芸術大学の学生たちの学費に充てているカーシム・サブティ教授と出会い、こんな生き方がしたいと感銘を受けました。
それがユーラシア大陸を舞台に相互文化・経済交流を行うきっかけとなりました。
2004年から2009年まで鵜飼邦彦さんにドキュメンタリー映画「桃色のジャンヌ・ダルク」を撮影していただいたことをきっかけに、自分もカメラを回す側になりたいと映画制作を始めました。

◎仕事へのこだわり
社会と芸術をMIXして新しい地平を開くのが私のスタイル。
貧困や戦争、飢餓、差別のない世界を、芸術活動や、経済の相互交流を通じて作ります。インドでは路上でものを売っている子どもたちに出会い、一緒に大きな絵を書きました。
世界中に9つのピースアートセンターを設立する目標を掲げ、35ヵ国を回って個展や映画制作を続けてきました。それぞれの国の友人が国会議員や映画協会代表など業界で重要な地位にいます。ベーシックインカムについて世界初の映画を作り、ポルトガルやロシアの国際会議に出席しています。芸術と経済・ビジネス・社会貢献相互の一流の世界的ネットワークを有していることが弊社の強みです。4年前に一般社団法人ユーラシア国際映画祭を立ち上げてからは、各国文化庁や大使館、笹川保健財団との業務提携の映画祭開催も開催しています。

今年9月には極東ロシアのブラゴベシチェンスクで映画「歳三の刀」を撮影・制作してきました。ロシア全土でテレビドラマの主演を貼るスターたちと、土方歳三役の日本伝統と現代表現をミックスした「武楽座」創始者の源光士郎さんが共演しました。豪華な舞踏会シーンや、車の爆発、馬や松明を使った大規模な撮影で、ロシア国営メディアで「ロシア史上初の国際歴史ファンタジー映画」「資本主義後の社会をサムライが切り開く」と絶賛されました。
映画制作・準備費用は日露双方の文化省、栃木県・日野市などの助成金に加え、映画がヒットしたら、利益を還元するという形の法人・個人のドリームパートナーさんのご寄付によって作られています。一緒に夢に取り組む仲間の皆さんは、私たちの大切な家族です。
コロナ禍で国際映画を作るという挑戦・実績によって得たロシア・大陸の仲間との友情、太いパイプを、仲間である日本企業の貿易拡大、日本伝統文化の保存と継承につなげたいです。
「SAMURAI映画」に取り組んでいると、周りの仲間が次々本気の顔になっていきます。新しい発見や販路が繋がったり、虚栄心や雑念がなくなり感覚が研ぎ澄まされていきます。
経済も未来も作るのは「人」。一緒に夢を実現パートナーを募集しています。

◎若者へのメッセージ
日本は、起業家がアメリカに比べ100分の1と言われています。日本は賃金が諸外国最低なのに学費が世界で三番目に高く、若者にとって厳しい国です。
新しい挑戦は「前例がない」と諦められがちですが、そんな空気を変えていきましょう。
今後AI産業革命によって、多くの仕事がなくなります。大人たちが言う安定した職場はそのときには無いかもしれません。資本主義崩壊後に必要なのは、クリエイティビティ。ART、創造です。今までの常識に収まらないアイデアこそが時代に求められています。
だから私はみなさんの夢を聞く機会があれば「いいね!それ面白そう!やってみなよ!」と応援します。
発想を実現したり収益に変える方法はSNSやインターネットの発展によって無数にできました。
周りの止める人の意見は、聞かなくていいです。失敗したらそのとき何が足りなかったか学ぶチャンスです。転んで考えて立ち上がる。最高の学びの場です。そう考えれば怖いものはありません。

私は「芸術で世界を平和にしたい」という20代の時に考えたビジョンを着々と実現しています。気がつくとコロナ禍で広い大陸でもあり得ないほどの撮影をするまでになりました。
本気でやれば、絶対実現します。そして本気の仲間が集まってきます。そうなると人生最高に楽しいですよ!
本来であれば沢山の体験によって心を成長させる若者たちが、コロナによってリアルに人と出会ったりライブに行ったりする機会を失っていることに心を痛めています。
12月には日本でロシアの仲間たちと日本の俳優たちとの映画撮影を予定しています。大学の学生さんが現場でインターンをしてくれることになりました。沢山の実体験によって未来のスターを生み出す場となる事を願っております。
20代30代の二人に一人がブラック企業で働いていると言われています。誰かを蹴落としたり、妬んだり、恨んだり、足を引っ張ったり、パワハラをされたり、心や体を疲弊させている人もいることでしょう。
あーそのためにあなたのリソースを使うのはやめやめ!
心の剣を磨き、突き抜け、信頼できる仲間と一緒に成功しましょう(当該詳細記事こちらから。田原総一朗さんや、小椋久美子さん、青木愛さんなど錚々たる方々が紹介されているページです)。

弊社報告書もぜひご覧ください
▷ロシアでの映画ロケ報告はこちら
▷露政府映画祭「日本映画上映」レポート はこちら
▷露政府映画祭・増山麗奈絵の個展「この星に住むすべての龍に告ぐレポートはこちら


●ロシアでの映画撮影、メディアに次々取り上げられました

ロシア国営メディア 9月28日付RUSSIA RTで増山麗奈「歳三の刀」製作インタビュー
●露全国誌 9月28日付増山麗奈インタビュー「日本の侍は偉大な使命のために生まれてきた」 
2021年9月16日付IGTV映像(ロシアのテレビ)、9月17日付アムール通信記事
9月18日付ポルトアムール極東通信記事
9月19日付2x2テレビ報道-1(アムールの秋祭典イベント全般)、
9月19日付2x2テレビ報道-2(アムールの秋映画祭閉幕式)、
9月19日付アムールインフォ(こちらもアムールの秋映画祭閉幕式)、
9月21日付GZT-sv(アムール地域情報ニュース)(こちらもアムールの秋映画祭閉幕式)、
帰国後の9月29日付夕刊フジ10月12日スプートニク(ロシア)がありました。

映画「歳三の刀」をロシア撮影
ドリームパートナーに

ユーラシア映画祭会員になってください!

〇映画「歳三の刀」応援チケット  10,000円
〇映画「歳三の刀」プレミア応援チケット 50,000円/一口/
〇法人様「映画」歳三の刀ドリームパートナー会員 100,000円/一口
〇ロゴ掲載ご協賛(大きく)  1,000,000円/一口
〇オープニングタイトルロールでのロゴご掲載 10,000,000円


(お振込先)
三井住友銀行 店番号 285 日野支店 口座番号 7594101
口座名:一般社団法人ユーラシア国際映画祭
ゆうちょ銀行 10150−94241451
振込先 口座名 ユーラシアエイガサイ
【店名】〇一八 【店番】018 【普通】9424145

お振り込みいただきましたらこちらにご登録お願いします。 https://forms.gle/vdgPMvVkFkUFxfsb8
クレジットカードからも 任意の金額のご寄付をいただけるようになりました。 http://eurasia-film.square.site/

映画「歳三の刀」は新選組土方歳三が隕石の刀を持ってロシアに渡ったという設定の歴史ファンタジーストーリーです。日露の文化庁サポートの元、一般社団法人ユーラシア国際映画祭が取り組む大型国際映画です。2021年6月より日本での撮影をスタート。遂に2021年9月10日、ロシアでの撮影も大成功でした!(映画関連総合情報はこちら)

キャスト

源光士郎

土方歳三役
日本の武楽(ぶがく)創始家元
栗塚旭
晩年の土方歳三役
NHKの燃えよ剣の土方歳三役
辰巳琢朗
佐野専左衛門役
浅見光彦シリーズ(浅見光彦役)や食いしん坊万歳などに出演。
かんこ
近藤智子役
殺陣・アクション・アクロバットを学び、階段落ちなどスタントも自身で演じ、吹替えのいらない本格的アクションもできる女優。
大神田リキ
ダリア夫人役
「とってもゴースト(2020年2月15日(土)公開)」の助監督。「D5 5人の探偵(2018年5月5日(土)公開)」の助監督。
加藤登紀子
本人役
歌手・百万本のバラ、知床旅情などヒット曲を歌唱
マキシム・コロソフ
ミハイル・ポリャコフ役
ロシア映画「予想外の出来事」主演
ナスチャ・デニソワ
イリーナ役
デフチョンキ(女の子たち)というすごく若者の中で人気なドラマで登場しました。インスタで30万人以上のフォロワー
エブゲニー・バニファトフ 
19本の映画に出演。 劇場にも出演。 STSテレビチャンネルの「モロジョージュカ」という有名なドラマで主演。そこで人気を得た。 https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/m/ros/394169/bio/
Владислав Шкляев
ヴラジスラフ・シュクリャエフ 
ジーマ役
52本の映画に出演。 劇場にも出演。 「イシチェイカ」、アドボカット、メッチ・2、などなどで出演。
 https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/m/ros/233554/bio/
ригорий Адаменко
グリゴリー・アダメンコ
ダニー役
31本の映画で上映 スパステレビチャンネルで司会者 https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/m/ros/45216/bio/
Ксения Алистратова
クセニア・アリストラトワ

マリヤ役
9本の作品で出演。 劇場にも出ています。 2017年に日本映画のライカで主演。(ユリア役) https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/w/ros/457338/works/
木下順介
榎本武揚役
ヴラジスラフ・カノプカ
45本の映画に出演。 劇場にも出演。 STSテレビチャンネルの「モロジョージュカ」という有名なドラマで主演。そこで人気を得た。 https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/m/ros/319411/works/
Анастасия Денисова
アナスタシア・デニソワ

10本の映画に出演。 レパートリー劇場で出演、プロの歌手。 TNTテレビチャンネルの「デフチョンキ」という有名な6年間のドラマで主演。そこで人気を得た。 https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/w/ros/353277/bio/
Игорь Скрипко
イーゴリ・スクリプコ 
イリヤ役
35本の映画に出演。 「ウ・ニキーツキフ・ヴォロート」の主要な俳優 https://www.kino-teatr.ru/kino/acter/m/ros/362274/bio/
大神田リキ
ダリア夫人役
「とってもゴースト(2020年2月15日(土)公開)」の助監督。「D5 5人の探偵(2018年5月5日(土)公開)」の助監督。
「歳三の刀」ロシア撮影に向けて、2021年9月8日付で東京新聞記事が掲載されました。詳細は左画像か、こちらのリンク先。
2021年10月16日(土)
栃木・新選組祭り開催!!
詳しくは下のボタンから

あらすじ

  • ▼物語 【幻の名刀がロシアで発見された!】
     ウラジオストクの古い商家として知られるコロソフ家の子孫、マキシムは歳三の幻の名刀として知られる「堀川国広」という名刀を発見します。そこには「自然のバランスを崩す時代にはこの刀を持って日本を訪ねてほしい」という新撰組鬼の副長として知られる土方歳三からの手紙が添えられていました。
     代々剣道に取り組んできたマキシムは、その刀と手紙をもって、新選組祭りを訪れ、そこで、新選組の局長、近藤勇の子孫だという女性、智子と出会います。
     
    【近藤勇と土方歳三の絆】
    マキシムが見つけた歳三の刀には、不思議な力がありました。幕末の動乱を裏で操っていた、欧米の支配勢力「ユーラシア商会」は新選組の二人がもつ隕鉄によって作られた歳三の刀を奪おうとしていました。しかし、刀を闇の勢力に渡してはいけないと、歳三も、近藤勇も、頑なに刀を守り続けてきました。運命に導かれるように、マキシムと智子は刀の秘密を暴いていきます。歳三は実は、ロシアに行き、明治以降の日本・世界の発展をウラジオストクから支えていました。
     剣の力はもちろん、政治、経済に長けた歳三の能力は、ニコライ一世にも評価をされ、サンクトペテルブルグでは、戊辰戦争の際、指揮者であり、明治以降初代ロシア全権委任公司となった榎本武揚と再会をしていました。自然科学の知見を持ち、「国を超え民が飢えない社会の実現」を目指し奮闘していた歳三は、現代の危機を予測していました。自然と調和し宇宙のリズムとともに生きる~サムライの精神が、現代に奇跡を起こします。



ロシアでの撮影スライドショー

「歳三の刀」撮影関連報道、栃木県や福島県の地元メディアに次々に取り上げられています(画像下の見出しキャプションのメディア名をクリックすると当該インターネット記事にリンクします、リンク切れの際はご容赦ください)

2021年6月4日とちぎテレビ
2021年6月4日下野新聞

2021年6月22日福島民友
2021年6月22日福島民報
2021年6月23日毎日新聞栃木版
2021年6月23日NHK福島放送局
2021年6月23日福島テレビ
2021年6月24日朝日新聞栃木版
2021年6月24日福島民報
2021年6月29日朝日新聞福島版
2021年7月1日毎日新聞福島版
2021年7月14日YAHOOニュース 
(記事主役の吉田幸希さんは「歳三の刀」主役の少年時代を演じます)
2021年6月25日河北新報(web記事確認なし)
2021年6月22日福島民友

貴方の才能を輝かせる!!地上波ラジオドラマ製作連続講座(8/1・8/29・10/1・11/7・12/5)

★貴方の才能を輝かせる!!俳優・監督・助監督・音響 5回の講座で地上波ラジオドラマ&ネットドラマを制作+地上波放送!
私たちは4年前から地上波多摩レイクサイドFMの「増山麗奈のドラゴンジャーナル」を放送してきました。「ドラゴンジャーナル」はトーク番組ですが、この度、ラジオ番組を来年からレギュラーで製作しよう!という提案をいただきました。そこで、俳優・スタッフを育成しながら、みんなの夢をかなえるラジオドラマ製作を学び、実際にドラマを作ろう!という講座を開催します。受講者の皆さんと5回の講義を通じて、実際のラジオドラマを製作、年末に放送します。優秀な人材を育て、世界に届ける。楽しくエンターテイメントを製作し、発表し、人々に夢や希望を作る。これが私たちユーラシア国際映画祭のミッションです。

増山麗奈 夢を掴め!貴方が輝く天才エンタメワークショップ全5回  
月一日曜日 午後3時から
▶1回   5000円(ユーラシア正会員 3000円 サポート会員 4000円)
▶5回通し 20000円(ユーラシア正会員 12000円 サポート会員 16000円)
(申し込みはこちら。いずれか該当項目選択、リアル参加・オンライン同額)

ラジオドラマ講座(5回連続・単発でもOK)のご案内
【講座日程】会場は都内スタジオになります。オンライン参加も可能です。
●8月1日(日)15時〜●自己表現(会場:東京都 豊島区 東池袋 1-47-2 サニーハイム池袋 604号室)
●8月29日(日) 15時〜●セリフ表現(会場調整中)
●10月10日(日)15時〜●台本配役決定 (会場調整中)
●11月7日(日) 15時〜●収録リハーサル(会場調整中)
●12月5日(日) 15時〜●本番収録(会場調整中)

日露合作映画「歳三の刀」予告編(その他の予告動画もあります=)

2021年4月20日、日露合同映画「歳三の刀」撮影に向けて
露映画と音楽・武術舞「白樺の集い」開催いたしました

大盛況の下、無事開催を終了いたしました
「歳三の刀」撮影に向けて一同邁進します
2021年4月20日、世界的に社会が大変な中ではありましたが「歳三の刀」撮影に向けてのプレイベント「白樺の集い」を東京・渋谷のユーロライブにて開催いたしました。会場及びオンラインで多数の方に参加頂き誠にありがとうございました。
今回のイベントでは諸般の事情で来日できなかったロシアの監督・プロデューサー・俳優の方がオンラインで参加され、また、ソプラノ歌唱、武術舞、三味線演奏、そしてロシア映画「予想外の出来事」上映と時間を短く感じるほどの充実した内容になりました。
我々、今後「歳三の刀」撮影、そして上映実現に向けて力強く邁進していきますので応援よろしくお願い申し上げます(左の画像は、中国最大手SNSウェイボ(微博)のユーラシア映画祭アカウント開設の際のQRコードです。画像を読み込んでいただけると登録可能です)。
「白樺の集い」写真集他(クリックすると画像が拡大します)
ロシアのモスクワ会場とつなぎ、
セルゲイ・ノヴォジーロフプロデューサー
マキシム・コロソフ 俳優
アンドレイ・ムイシュキン監督
にインタビューしました
武術舞と亜凛さんのシンギングボール、天照智光さんの宇宙語唄
三味線ガールズメンバー
ユーラシアアンバサダーによる映画情報多言語発信
主催・増山麗奈監督と司会の原めぐみさん、小河研太さん
イベント・映画のスポンサー紹介も行われました
出演者皆様集合して撮影
ソプラノ・辰巳真理恵さん
増山麗奈twitterアカウント。QRコードを読み取ることでつながることができます
映画「歳三の刀」に連動した商品等のご紹介、エキストラ登録のお申込みお問い合わせは以下のメールアドレスから。office@eurasia-film.com
一般社団法人ユーラシア国際映画祭では会員として協力してくださる市民の方が貴重な存在になっています。会員としての参加に興味・関心を持っている方は上記画像クリックで別ウィンドウにてリンクします。
ロシアのモスクワ会場とつなぎ、
セルゲイ・ノヴォジーロフプロデューサー
マキシム・コロソフ 俳優
アンドレイ・ムイシュキン監督
にインタビューしました









2021年アムールの秋映画祭出品映像作品を一般より公募で募集いたします。ロシア連邦アムール州で毎年開催されるイベント・アムールの秋映画祭では2019年より日本映画を紹介しています。2021年のアムールの秋国際映画祭で上映する映画を一般より公募で募集いたします。詳しくは下記のボタンをクリックしていただけると別ウィンドウで募集要項ページが開きます。

本年3月14日東京新聞
「歳三の刀 彩る三味線」
記事掲載されました


「歳三の刀」
出演三味線ユニット
の名前募集します
(詳細は右の桜色画像クリック。
新しいウィンドウが開きます)

多くの参加者にお越しいただき4月2~4日のBLACK POWER展大成功を収めましたので下記の動画報告をいたします。今年6月に同じ渋谷区の無垢里で同様のイベントを開催予定にしています。次回もお楽しみに

「歳三の刀」オーディション一次審査合格者発表は
こちらをご覧ください。
新たに出演者が決定しました。

土方歳三(80代)役:栗塚旭
土方歳三(30代)役:(配役変更)

近藤勇(30代)役:徳山 漱介
土方歳三(子)役:緒方朗響
近藤内蔵之助役:髙鳥天真(天然理心流・試衛館館主)
近藤周助役:市村家橘

隕石分析岡田教授役 :家元ひと:みちゃん 
 

稽古・ロシア語講座などのお申込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/toshizolesson

映画「歳三の刀」及び、一社ユーラシア国際映画祭の予定です。

歳三の刀メディア
◎2020年10月9日 レインボーFMに「原めぐみのエンジョイトーク」増山麗奈が出演いたしました。
◎2020年10月4日 朝日新聞に掲載されました。
◎2020年9月28日 東京新聞に掲載されました。
◎2020年10月6日 号外ネット日野市に「歳三の刀」オーディションのことが紹介されました。

加藤登紀子さんのご本人役での出演が決定しました!

映画「歳三の刀」に「100万本の薔薇」がロシアでもヒット!している歌手の加藤登紀子さんの出演が決定しました。

加藤登紀子さんがウラジオストクにて今瀬康夫プロデューサーとともに企画されたコンサートは大好評だったそうです!

日露の心をつなぐ「100万本の薔薇」加藤登紀子さんのご出演

加藤登紀子さんが出演していただけたら全ロシア人感涙です!ご縁をつなげてくださった、音楽プロデューサー今瀬康夫様本当にありがとうございます!

文化を発信する大先輩として尊敬の気持ち、そして一流の歌手である加藤登紀子さんと心をつなぐ映画を作れるという事に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!加藤登紀子さんどうぞよろしくお願いいたします!

お知らせ・新着情報

8月29日 「歳三の刀」および「日本シネマデイズ」が読売新聞多摩地域版「よみっこ」で大きく紹介されました!!
8月28日 「歳三の刀」がロシアの五大映画祭「アムールの秋映画祭・日本シネマデイズ」で上映されます。
9月3日 「歳三の刀」出演者メンバーによる、ロシアに寄せるコメント収録を新宿住友ビル38階で行います。


日時:2020年9月3日(木)午後4時~7時 場所:新宿住友ビル38階株式会社ケーワイアイ
出演:山本修夢、増山麗奈 原めぐみ 
内容:武術レッスン&エキストラ参加申請をした方・歳三の刀出演者によるロシアの映画祭へのコメント収録&
映画「歳三の刀」製作する一社ユーラシア国際映画祭による今後の撮影・製作予定発表
当日閲覧者は締め切りました。 取材ご希望の方は office@eurasia-film.comまでご連絡ください
(株)ケーワイアイが開発企画する配信ブラウザー チアサポ に登録をしていただきぜひご参加ください!
https://www.cheer-supports.com/

8月29日 8月29日16時~札幌テレビ「サンドウィッチマンのホットサンド」で映画歳三の刀、ロシアチームによるロシアの映画祭「アムールの秋映画祭」が紹介されます。



5/27
東京新聞で「歳三の刀」掲載いただきました。関連記事はこちら
7月1日  月刊「秘伝」7月15日発売号で映画「歳三の刀」特集記事掲載されます。
6月5日

加藤登紀子さん!出演決定!
日本を代表する歌手で女優の加藤登紀子さんの出演が決まりました!


5月27日
5/31は「土方歳三生誕祭」開催!動画はこちらしました。
8月28日 「歳三の刀」レディーフォーでのクラウドファンディング達成いたしました。ありがとうございました。
7月1日 「歳三の刀」レディーフォーでのクラウドファンディング達成いたしました。ありがとうございました。


読売新聞多摩地域「よみっこ」(8月29日版)で映画「歳三の刀」が紹介されました。

先日八王子記者クラブで企画した「日本シネマデイズ」記者会見の様子が大変大きく、紹介されました!中塚勝記者様ありがとうございました!!
シェアで応援!
すぐこの映画祭をシェアする

「歳三の刀」ってどんな映画??


  • いいね!
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

国際映画祭や、ジャパンエキスポなどで日本映画や日本文化を紹介する中で、「世界のファンが求めるもの」と「日本から発信されているもの」とのギャップがあると感じ、「日本発、本当に世界から求められているエンターテイメント映画を作りたい!」と感じました。

 

世界からの日本のイメージは侍、桜、着物ですが、これらの伝統文化は経済的な理由もあり、引き継ぐ人たちが少なくなっています。アニメやコスプレは各国で数万人規模が集まるイベントとして人気です。


そこからヒントを得て、日本の伝統文化とポップカルチャーをミックスした侍エンタメ国際合同制作映画「歳三の刀」を製作する運びとなりました。



映画「歳三の刀」は視聴者とともに作り上げる映画!

「歳三の刀」予告ムービー
ロシアからのメッセージも!!




監督の想い

増山麗奈

一般社団法人ユーラシア国際映画祭 代表
映画監督
アーティスト

文化で世界中の人々の心をつなぎ、生きた芸術を生み出す場を提供しています。

 ユーラシア国際映画祭は、史上初、日本財団・笹川保健財団と業務提携を結び、「ハンセン病映画祭」を開催したり、東大で開催されるシンポジウムの映像を製作したり、テレビやラジオ番組を製作したり、インドや中国、パリ、ザルツブルグ、イギリスなど33か国で映画祭や文化交流を行っています。

 世界はコロナウイルスで大変な変化が起きています。緊急事態宣言が出され、急な自宅待機や仕事環境が変わり、海外どころか自宅からでることも難しくなっています。エンターテイメントの世界でもコンサートやドラマ映画の撮影が延期・中止が続いています。

 

このままでは文化の灯が消えてしまいます。

 

こんなときだからこそ、みんなが繋がり元気になる映画を製作します!役者もスタッフも、みんなが仕事がなくなり困っています。ドイツは文化人・芸術家に対しての手厚い補償がありますが、日本は十分な補償がなく、このままでは日本産の芸術が枯渇してしまいます。

 

この映画を成功させて、文化の保存、仕事づくりに取り組みます。たとえば、アフレコ作業や翻訳作業、衣装製作は、テレワークでもできます。CGを駆使すれば、背景の映像づくりもできるかもしれません。


もちろんコロナウイルスの緊急事態が改善することを願い、脱「三密」をまもりながら、今、できることを形にします。コロナ後の映画製作の最先端にたてるような、方法を見つけます。みなさまのお力を貸してください。


一緒に映画を成功させましょう!!



 
「歳三の刀」製作実行委員会事務局
一般社団法人ユーラシア国際映画祭 

〒191-0003 東京都日野市多摩平2-5-1 
電話 080-6687-4118 
mail:info@eurasiafilmfestival.net

  • いいね!
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加