実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください


2021年10月16日(土)
栃木・新選組祭り開催!!
詳しくは下のボタンから

2021年4月20日、日露合同映画「歳三の刀」撮影に向けて
露映画と音楽・武術舞「白樺の集い」開催いたしました

大盛況の下、無事開催を終了いたしました
「歳三の刀」撮影に向けて一同邁進します
2021年4月20日、世界的に社会が大変な中ではありましたが「歳三の刀」撮影に向けてのプレイベント「白樺の集い」を東京・渋谷のユーロライブにて開催いたしました。会場及びオンラインで多数の方に参加頂き誠にありがとうございました。
今回のイベントでは諸般の事情で来日できなかったロシアの監督・プロデューサー・俳優の方がオンラインで参加され、また、ソプラノ歌唱、武術舞、三味線演奏、そしてロシア映画「予想外の出来事」上映と時間を短く感じるほどの充実した内容になりました。
我々、今後「歳三の刀」撮影、そして上映実現に向けて力強く邁進していきますので応援よろしくお願い申し上げます(左の画像が今回出演されたオールスター。クリックで拡大します)。
「白樺の集い」写真集(クリックすると画像が拡大します)
ロシアのモスクワ会場とつなぎ、
セルゲイ・ノヴォジーロフプロデューサー
マキシム・コロソフ 俳優
アンドレイ・ムイシュキン監督
にインタビューしました
JUN AMANTOさんの武術舞と亜凛さんのシンギングボール、天照智光さんの宇宙語唄
三味線ガールズメンバー
ユーラシアアンバサダーによる映画情報多言語発信
主催・増山麗奈監督と司会の原めぐみさん、小河研太さん
イベント・映画のスポンサー紹介も行われました
出演者皆様集合して撮影
ソプラノ・辰巳真理恵さん
ロシアのモスクワ会場とつなぎ、
セルゲイ・ノヴォジーロフプロデューサー
マキシム・コロソフ 俳優
アンドレイ・ムイシュキン監督
にインタビューしました









2021年アムールの秋映画祭出品映像作品を一般より公募で募集いたします。ロシア連邦アムール州で毎年開催されるイベント・アムールの秋映画祭では2019年より日本映画を紹介しています。2021年のアムールの秋国際映画祭で上映する映画を一般より公募で募集いたします。詳しくは下記のボタンをクリックしていただけると別ウィンドウで募集要項ページが開きます。

本年3月14日東京新聞
「歳三の刀 彩る三味線」
記事掲載されました
主演・天人純さんの
山南忌記事もこちら

「歳三の刀」
出演三味線ユニット
の名前募集します
(詳細は右の桜色画像クリック。
新しいウィンドウが開きます)

多くの参加者にお越しいただき4月2~4日のBLACK POWER展大成功を収めましたので下記の動画報告をいたします。今年6月に同じ渋谷区の無垢里で同様のイベントを開催予定にしています。次回もお楽しみに

「歳三の刀」オーディション一次審査合格者発表は
こちらをご覧ください。
新たに出演者が決定しました。

土方歳三(80代)役:栗塚旭
土方歳三(30代)役:JUN AMANTO

近藤勇(30代)役:徳山 漱介
土方歳三(子)役:緒方朗響
近藤内蔵之助役:髙鳥天真(天然理心流・試衛館館主)
近藤周助役:市村家橘

隕石分析岡田教授役 :家元ひと:みちゃん 
 

稽古・ロシア語講座などのお申込みはこちらから
https://peraichi.com/landing_pages/view/toshizolesson

映画「歳三の刀」及び、一社ユーラシア国際映画祭の予定です。

歳三の刀メディア
◎2020年10月9日 レインボーFMに「原めぐみのエンジョイトーク」増山麗奈が出演いたしました。
◎2020年10月4日 朝日新聞に掲載されました。
◎2020年9月28日 東京新聞に掲載されました。
◎2020年10月6日 号外ネット日野市に「歳三の刀」オーディションのことが紹介されました。

2月14日に予定されていた武術×芸術風の身体を作る~
を緊急事態宣言により中止しました

日野市の要請により、中止します。
払い込みをしてくださった方にはお支払いいたしますので、
ご連絡をoffice@eurasia-film.comまでお願いします。

武術・芸術風の身体を作る
2021年2月14日(日)
午前・午後 
参加費:2500円(通し4000円)
場所:新町交流センター
講師:JUN AMANTO、増山麗奈
内容:武術・殺陣とアクション
 日野市新町1-13(都営日野新町1丁目アパート11号棟1・2階) 電話番号 042-587-2141

再度開催を求める声をいただいていますので、コロナの状況を見ながら再度開催を検討しています。

お知らせ・新着情報

8月29日 「歳三の刀」および「日本シネマデイズ」が読売新聞多摩地域版「よみっこ」で大きく紹介されました!!
8月28日 「歳三の刀」がロシアの五大映画祭「アムールの秋映画祭・日本シネマデイズ」で上映されます。
9月3日 「歳三の刀」出演者メンバーによる、ロシアに寄せるコメント収録を新宿住友ビル38階で行います。


日時:2020年9月3日(木)午後4時~7時 場所:新宿住友ビル38階株式会社ケーワイアイ
出演:山本修夢、JUN AMANTO、増山麗奈 原めぐみ 
内容:武術レッスン&エキストラ参加申請をした方・歳三の刀出演者によるロシアの映画祭へのコメント収録&
映画「歳三の刀」製作する一社ユーラシア国際映画祭による今後の撮影・製作予定発表
当日閲覧者は締め切りました。 取材ご希望の方は office@eurasia-film.comまでご連絡ください
(株)ケーワイアイが開発企画する配信ブラウザー チアサポ に登録をしていただきぜひご参加ください!
https://www.cheer-supports.com/

8月29日 8月29日16時~札幌テレビ「サンドウィッチマンのホットサンド」で映画歳三の刀、ロシアチームによるロシアの映画祭「アムールの秋映画祭」が紹介されます。

7月1日 「歳三の刀」レディーフォーでのクラウドファンディング達成いたしました。ありがとうございました。
5/27
東京新聞で「歳三の刀」掲載いただきました。関連記事はこちら
7月1日  月刊「秘伝」7月15日発売号で映画「歳三の刀」特集記事掲載されます。
6月5日

加藤登紀子さん!出演決定!
日本を代表する歌手で女優の加藤登紀子さんの出演が決まりました!


5月27日
5/31は「土方歳三生誕祭」開催!動画はこちらしました。
8月28日 「歳三の刀」レディーフォーでのクラウドファンディング達成いたしました。ありがとうございました。
7月1日 「歳三の刀」レディーフォーでのクラウドファンディング達成いたしました。ありがとうございました。
7月1日 「歳三の刀」レディーフォーでのクラウドファンディング達成いたしました。ありがとうございました。

読売新聞多摩地域「よみっこ」(8月29日版)で映画「歳三の刀」が紹介されました。

先日八王子記者クラブで企画した「日本シネマデイズ」記者会見の様子が大変大きく、紹介されました!中塚勝記者様ありがとうございました!!

加藤登紀子さんのご本人役での出演が決定しました!

映画「歳三の刀」に「100万本の薔薇」がロシアでもヒット!している歌手の加藤登紀子さんの出演が決定しました。

加藤登紀子さんがウラジオストクにて今瀬康夫プロデューサーとともに企画されたコンサートは大好評だったそうです!

日露の心をつなぐ「100万本の薔薇」加藤登紀子さんのご出演

加藤登紀子さんが出演していただけたら全ロシア人感涙です!ご縁をつなげてくださった、音楽プロデューサー今瀬康夫様本当にありがとうございます!

文化を発信する大先輩として尊敬の気持ち、そして一流の歌手である加藤登紀子さんと心をつなぐ映画を作れるという事に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!加藤登紀子さんどうぞよろしくお願いいたします!
シェアで応援!
すぐこの映画祭をシェアする

「歳三の刀」ってどんな映画??


  • いいね!
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

国際映画祭や、ジャパンエキスポなどで日本映画や日本文化を紹介する中で、「世界のファンが求めるもの」と「日本から発信されているもの」とのギャップがあると感じ、「日本発、本当に世界から求められているエンターテイメント映画を作りたい!」と感じました。

 

世界からの日本のイメージは侍、桜、着物ですが、これらの伝統文化は経済的な理由もあり、引き継ぐ人たちが少なくなっています。アニメやコスプレは各国で数万人規模が集まるイベントとして人気です。


そこからヒントを得て、日本の伝統文化とポップカルチャーをミックスした侍エンタメ国際合同制作映画「歳三の刀」を製作する運びとなりました。



映画「歳三の刀」は視聴者とともに作り上げる映画!

視聴者と一緒に作り上げる


これまで多数の映画を制作し、映画祭の開催などを手がけてきた「地上を楽園にする映画監督・アーティスト増山麗奈」はクラウドファンディングなどで資金をつのり、映画を見てくれる多くの人と一緒に作り上げるという体験を共有してきました。

クラウドファンディングにて資金を募ってきた増山麗奈がロシアと合同で映画づくりをしたいと決意!新型コロナウィルスショックで社会が麻痺してしまいそうな今だからこそ、文化を諦めない!創造することをストップしない!というスローガンを掲げ、みなさまからのご支援を続々といただいています。

現在90万円、約60パーセントを達成しています。

SNSと動画配信でイベント開催
定期的なライブ配信に加え、主人公である土方歳三の命日や誕生日に合わせて、映画関係者、豪華ゲストを招いてのユーチューブライブを配信して、製作段階からファンを作り、楽しみながら映画を盛り上げていきます。5/31には、土方歳三の生誕祭と題して、土方歳三の生誕の地である、日野市からライブ中継でのイベントを開催します。
本格的な殺陣指導と時代考証で
迫力のシーンを!

映画「歳三の刀」には各界一流のスタッフが沢山参加してくれています。

その中の一人が、ラストサムライと呼ばれ世界で尊敬される武術家、島津兼治氏(81歳)です。

柳生心眼流竹翁舎(きくおうしゃ)の代表として、国内のみならず欧州各国やオーストラリア、ロシアで武術を伝え、最大手武術雑誌「月刊秘伝」創始者で名付け親、編集顧問を務め、一般社団法人日本古武道文化学会より第壱号古武道栄誉賞を授与、初代永世名人の称号を与えられた。武術界でその名を知らぬものはいないほどのお方。

時代考証を島津兼治先生には主に時代考証をお願いしています。島津先生はモスクワにもお弟子さんの道場を持ち、毎年甲冑姿でモスクワを練り歩く時代祭を開催されています。
詳しくは以下のページにてごらんください。

Readyfor〜殺人のための武術をスポーツにしたのが武道


本格的な殺陣指導と時代考証で
迫力のシーンを!

映画「歳三の刀」には各界一流のスタッフが沢山参加してくれています。

その中の一人が、ラストサムライと呼ばれ世界で尊敬される武術家、島津兼治氏(81歳)です。

柳生心眼流竹翁舎(きくおうしゃ)の代表として、国内のみならず欧州各国やオーストラリア、ロシアで武術を伝え、最大手武術雑誌「月刊秘伝」創始者で名付け親、編集顧問を務め、一般社団法人日本古武道文化学会より第壱号古武道栄誉賞を授与、初代永世名人の称号を与えられた。武術界でその名を知らぬものはいないほどのお方。

時代考証を島津兼治先生には主に時代考証をお願いしています。島津先生はモスクワにもお弟子さんの道場を持ち、毎年甲冑姿でモスクワを練り歩く時代祭を開催されています。
詳しくは以下のページにてごらんください。

Readyfor〜殺人のための武術をスポーツにしたのが武道


「歳三の刀」予告ムービー
ロシアからのメッセージも!!

あらすじ

  • ▼物語 【幻の名刀がロシアで発見された!】
     ウラジオストクの古い商家として知られるコロソフ家の子孫、マキシムは歳三の幻の名刀として知られる「堀川国広」という名刀を発見します。そこには「自然のバランスを崩す時代にはこの刀を持って日本を訪ねてほしい」という新撰組鬼の副長として知られる土方歳三からの手紙が添えられていました。
     代々剣道に取り組んできたマキシムは、その刀と手紙をもって、新選組祭りを訪れ、そこで、新選組の局長、近藤勇の子孫だという女性、智子と出会います。
     
    【近藤勇と土方歳三の絆】
    マキシムが見つけた歳三の刀には、不思議な力がありました。幕末の動乱を裏で操っていた、欧米の支配勢力「ユーラシア商会」は新選組の二人がもつ隕鉄によって作られた歳三の刀を奪おうとしていました。しかし、刀を闇の勢力に渡してはいけないと、歳三も、近藤勇も、頑なに刀を守り続けてきました。運命に導かれるように、マキシムと智子は刀の秘密を暴いていきます。歳三は実は、ロシアに行き、明治以降の日本・世界の発展をウラジオストクから支えていました。
     剣の力はもちろん、政治、経済に長けた歳三の能力は、ニコライ一世にも評価をされ、サンクトペテルブルグでは、戊辰戦争の際、指揮者であり、明治以降初代ロシア全権委任公司となった榎本武揚と再会をしていました。自然科学の知見を持ち、「国を超え民が飢えない社会の実現」を目指し奮闘していた歳三は、現代の危機を予測していました。自然と調和し宇宙のリズムとともに生きる~サムライの精神が、現代に奇跡を起こします。





「歳三の刀」Tシャツを着て映画を応援しよう!

クラウドファンディングのリターンとして登場したブルーグリーンが爽やかなTシャツ。このTシャツを着て、盛り上げてください!
この売上の利益の一部は「歳三の刀」制作費に充てられます。
サイズを備考欄にてお知らせください。

 

  • 販売価格
  • 7,000円
  • (税別)

監督の想い

増山麗奈

一般社団法人ユーラシア国際映画祭 代表
映画監督
アーティスト

文化で世界中の人々の心をつなぎ、生きた芸術を生み出す場を提供しています。

 ユーラシア国際映画祭は、史上初、日本財団・笹川保健財団と業務提携を結び、「ハンセン病映画祭」を開催したり、東大で開催されるシンポジウムの映像を製作したり、テレビやラジオ番組を製作したり、インドや中国、パリ、ザルツブルグ、イギリスなど33か国で映画祭や文化交流を行っています。

 世界はコロナウイルスで大変な変化が起きています。緊急事態宣言が出され、急な自宅待機や仕事環境が変わり、海外どころか自宅からでることも難しくなっています。エンターテイメントの世界でもコンサートやドラマ映画の撮影が延期・中止が続いています。

 

このままでは文化の灯が消えてしまいます。

 

こんなときだからこそ、みんなが繋がり元気になる映画を製作します!役者もスタッフも、みんなが仕事がなくなり困っています。ドイツは文化人・芸術家に対しての手厚い補償がありますが、日本は十分な補償がなく、このままでは日本産の芸術が枯渇してしまいます。

 

この映画を成功させて、文化の保存、仕事づくりに取り組みます。たとえば、アフレコ作業や翻訳作業、衣装製作は、テレワークでもできます。CGを駆使すれば、背景の映像づくりもできるかもしれません。


もちろんコロナウイルスの緊急事態が改善することを願い、脱「三密」をまもりながら、今、できることを形にします。コロナ後の映画製作の最先端にたてるような、方法を見つけます。みなさまのお力を貸してください。


一緒に映画を成功させましょう!!



 
「歳三の刀」製作実行委員会事務局
一般社団法人ユーラシア国際映画祭 

〒191-0003 東京都日野市多摩平2-5-1 
電話 080-6687-4118 
mail:info@eurasiafilmfestival.net
ユーラシア映画祭をご支援ください!

個人様は3000円〜企業・団体協賛は10万円~

振込先口座名義:ユーラシアエイガサイ

ゆうちょ銀行
記号:10150
番号:94241451

【店名】〇一八 【店番】018
【普通】9424145

ユーラシア映画祭をご支援ください!

個人様は3000円〜企業・団体協賛は10万円~

振込先口座名義:ユーラシアエイガサイ

ゆうちょ銀行
記号:10150
番号:94241451

【店名】〇一八 【店番】018
【普通】9424145


  • いいね!
  • シェア
  • ツイート
  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加